NO TRIP NO LIFE!!

COSMAMIC SPACE INC.代表 趣味で宇宙人をコレクションしています☻♡「私宇宙人です!」という方は迷わずこちらから連絡ください ♡ ⇒ LINE@:@maminet

ベルリンの壁崩壊

f:id:echigohimechan:20191008152017j:image
 
こんにちは!まみたそです☻♡
 
毎日とにかくありとあらゆる
ジャンルのいろんな情報を
文字通り浴びまくってる私ですが
 
最近衝撃的な本がめちゃくちゃ
脚光を浴びてます!
 
その立役者はあの
”知る人ぞ知る”
幻冬舎の箕輪 厚介さん。
 
彼の影響力と行動量もさることながら
先週の発売直後から凄まじい勢いで
反響が続いているその本のタイトルは
 
「ハートドリブン」
 
著者は株式会社アカツキのCEO
塩田元規(げんき)さんです☻♡
 
私も販売前からそわそわしていて、
昨日も先週もこの本のイベントに行くためだけに
2つのコミュニティに滑り込みましたw
 
本も一気読みしましたw
 
 
今回は私がそれらの体験から感じた
大きな時代の変化の話をしたいと思います。
 
****** 
 
この本のすごさはなんと言っても
 
・20代から40代
・男性
・ビジネスマン
 
その中でも特に、なんて言うかな。
 
真面目なゆえ、いい人ゆえに
感情を後回しにせざるを得ない
(と思い込んでいる人が多い)
”実力至上主義”の世界というか
 
数字やら成果やら
目に見えるものに
かんじがらめになってる世界を
生きている人たちに
 
「目に見えないものを大切にすること」
 
がもたらす”その先”の世界の話を
 
1200人の雇用を創出し
売上高281億円・利益136億円
としっかり数字も出している
30代の上場企業CEO自らが
 
自分と自社の「哲学」をシェアする。
という切り口で書かれているところ!!
 
決して自分大事に♡の話”だけ”じゃない
とこがめっちゃくちゃ重要であり
この本が持つ最大の
「影響力・拡散力」の要になっています。
 
現実世界で圧倒的な結果を
出している人が
 
「それ」も大事。だけど
 それと同じくらい
 目に見えないものも大事。
 
 むしろ優先順位で言ったら
 ”目に見えない部分”のほうが優先。
  
と断言するのだから、説得力ハンパない。
あのジョブズが死を目前にした時に残した
 
「私が勝ち取った多額の富は、
 私が死ぬ時に一緒に持っていけないが
 
 愛は持っていける。
  
 私が今、死と共に持っていけるのは
 愛に溢れた思い出だけなのだ」
 
という言葉も有名だけど
これだってApple創立者で
世界に圧倒的な結果を残した
彼だからこそ、多くの人に響いたわけで。
 
 
この本は
”それ”にとてもよく似てる。
 
 
いつもは精神論なんてくだらない。
ましてや「感情」なんて
女々しくてくそだせー!!
心なんて殺して結果出すぞコノヤロー!!
 
とこれまで感情を意図的にスルー
してきたであろう人たちも、
いつもみたいに無視ができない。
 
だって感情を大事にしまくってる
人が、会社が、何百億円とか
結果出しちゃってるんだからね!!w
 
 
 ぶっちゃけこの本の
「核」のメッセージである
 
 
*************
 
”自分の感情を丁寧に扱う”
 
*************
 
 
これは誤解を怖れずに言うと
実際の性別に関わらず
女性性が強めの人や
 
男性性強めでも目に見えないものに
全く抵抗がない
私みたいなタイプの人が多い世界では、
すでにかなり
浸透している印象があります。
 
(てか、私の身近な人に、
 自分を雑に扱ってる人とか
 自分の感情無視して生きてる人とかって
 逆に思い浮かばないwww)
 
それを踏まえた上で
さらに私が心震えたのは
 
この本によって、
普段全くこういった話に
見向きもしないどころか
 
その人たちの前でうっかり
感情が〜などと口走ってしまえば
たちまちに
 
「何甘えたこと言ってんの?」
「あたま湧いちゃってんの?w」  
 
と一蹴されそうな
男性性強めの人だったり
 
「つーかここ(感情)スルーしないと
 マジやってけねんだよ!!
 逆に死ぬわ!!」
 
と、それこそ今まで
死ぬ気で自分を殺しまくって←
生きてきた人たちに
 
一瞬でも「自分の感情」に
フォーカスする・繋がる
”きっかけ”が全国に拡散されたということ。
 
 
著者の塩田さん自身が、
実力至上主義を死ぬ気でやり切って、
実際に数字も結果も出した上で 
目に見えないものも大事。
って言ってることの持つ破壊力はすごい!!!
 
それは、鉄壁のガードで
 
自らの心を守らないと
生きていけない・戦えない
 
と無意識に思い込まされてる人たちが
 
その鎧を脱ぐことに
どれだけの抵抗があるか?
どれだけの勇気と覚悟が要るのか?
 
それ以前に、今さら
どうやって脱げばいいのか?
 
それを誰より熟知している
塩田さんが自らの体験を通して得た
気づきをさらけ出し
むしろそこと戦わなくていい。と
 
それまでの彼らの生き方を
 
《決して否定することなく、理解した上で》
 
言ってくれるからこそ、
今まで決して届くことがなかった世界に
受け入れられたということだと思う。
 
 
自分を、感情を、
丁寧に扱うことができる人たちは
まだまだ日本ではマイノリティです。
 
だけど、確かに存在するし、
今の時代、お金にも心にも余裕がある
豊かな成功者はほぼすでにその世界の人たち。
 
この2つの世界はまるで別世界のように
決して交わることはなかった。
なんかね、共通言語すら違うイメージ。
 
同じ日本という小さな島国にいるのにね。
 
でも2つの世界の異なる基準て、
実はほんとささいなことで、
 
自分を生きてるかどうか?
 
くらいしかないんだよね。
 
ハートドリブンに書かれたことが
この世界に浸透したら、
自分を生きる人は、劇的に増える。
 
だからこの本の出版は
私にとっては
分断された世界が統合されるという
”ベルリンの壁崩壊”
くらいのインパクトがあったw
 
 
この、たった一冊の本が
この世界の見えない領域に
どれくらいの影響を与えるのかは
私にはまだ想像ができない。
 
ただ、どの立場から言ってるのか
自分でもさっぱりわからないけど、
私はとにかく
 
《この本が世の中に出た。》
 
というリアルが、
心が震えるほどに、嬉しかった。
 
しかも今をときめく
箕輪さんが担当してくれた!! 
 
 
 
マジでこの本を世に出してくださった
箕輪さんはもちろん
書いてくださった塩田さん、
 
それ以外にもたくさんの方々に
感謝の気持ちがとめどなく溢れてくるという
ほんと不思議な体験ができました・・・
ありがたや・・・
 
 
超長文になっちゃったけど、
最後にひとつ!!どうしても
誤解を解いておきたいことが。
 
感情ってね、たしかに暴発したり
あがったりオチたり、
 
ほんと扱いにくいとこは確かに
いっぱいあるけど、
本来人生を邪魔するための存在ではないのです。
 
むしろ真逆。
 
「感情」は、世界を彩るもの。
 
そして、自分の中にある
最も強大な「エネルギーの源」で
自ら無限に生成できる唯一のもの。
 

 
邪魔だ。扱いにくいと感じる人ほど
それだけのエネルギーが
自分の中にマグマのように
「ただ、ある」ことを知ってほしい。
 
 
この本に書かれた
”感情をただ視る”という行動は
 
自分の計り知れないエネルギーを
自分の意思で扱えるようになるための、
 
世界を変えるほどのエネルギーを
自らが持っていることを自覚するための、
 
第一歩を踏み出す行動です!!
 
多くの日本人が
自分の持つ得体のしれない
ものすごいエネルギーを”自覚”したら
この世界は一気に変わっていく。
 
この本は世界を変えると本気で思う。
 
とりあえず読んでみてね☆
初見で全く意味がわからない人も
もしかしたらいるかもしれないけど、
 
時代は確実にこっちへ
シフトしている。
 
本のリンクはこちら!!

youtu.be


 
あと私も超最近ジョインした
”箕輪編集室”も今メンバー募集してる真っ最中です!!

youtu.be

minowanowa.com

r25.jp

 

r25.jp

 

r25.jp

 

r25.jp