NO TRIP NO LIFE!!

COSMAMIC SPACE INC.代表 趣味で宇宙人をコレクションしています☻♡「私宇宙人です!」という方は迷わずこちらから連絡ください ♡ ⇒ LINE@:@maminet

ウルルから学んだこと

f:id:echigohimechan:20190419174712j:image
もうだいぶたっちゃったけど
4月の頭にオーストラリアの
エアーズロック(通称ウルル)に
登ってきました。
 
まさか自分の人生で
こんな日が来ることになるとは
思ってもみなかった!w
 
しかも今回の旅は
いつもお世話になりっぱなしの
ちはさん(浅井 千晴)からの
ご招待!無銭旅行でした!!w
 
ほんとちはさんはぶっ飛んだ女神ですw
 
そんな降って湧いたような
ウルル登山。
 
 
ナメてた・・・
かんっぜんに私、
ナメてた・・・!!!!!!
 
そびえ立つウルルを目の前にした時
ぶっちゃけ
 
「これ、人登れんの?」
 
って全ての思考が停止したよねw
 
いやいやいや。
これは見るもんでしょ!!wって
 
でも、今回の目的は
ウルル登頂。
 
 
そのために、来た。
 
 
 
 
そのために、来た!!!!!!!
 
 
 
とはいえ・・・
ウルルはそもそも山ではなく、
岩だから、足を引っ掛ける部分がない。
 
階段があるわけでも
登山用の道が整備されてるわけでも
もちろんない。世界遺産だし、
そもそも聖地だし。
 
ただひたすらに私にとっては
ありえんくらいの急斜面を
たった一本の鎖と己を頼りに
一歩一歩進むのみ・・・
 
普段一切運動をしない私は
ちょっと進んだだけで息があがる。
心臓の筋肉マジ破れそうってなる。
 
人生イージーモードを
選択してきた私にとっては
苦行以外の何ものでもない!!w
 
 
こんなにキツイの・・・?
え。うそでしょ・・・
と思いながらも
来たからには、登るしかない。
 
途中下山という選択肢は
私にはない。(←負けず嫌い)
 
とはいえ本気でキツイ。
何度も心が折れそうになる
まさに、己との戦い。。。
 
時たま上を見れば
まだまだ続く果てしない斜面。
 
本当に気が遠くなる。
 
一体あとどのくらい登れば
この斜面は終わるんだろう・・・
 
たまに周りの壮大な景色を見たり
山肌に直接触ってみたりして
気を紛らわせても
 
全然気なんて紛れない!!w
キツイ!キツイよー
とにかくもう無理ー!泣
 
と一人の私はもうマジでおりたい!
来ただけで満足!ありがとう!って言う。
 
でももう一人の私が
それを許してくれない。
 
いやいやお前さ・・・
ここ、上りに来たんだろ?
(男前か・・・っ)
 
 
 
やがて、「おりたい!」と
喚く私が消えたのがわかった。
 
 
 
上を見れば、たしかに果てしない。
全然先に進めてないような気がする。
 
このままずっと
何も変わらない気さえしてくる。
 
でも、下を見れば、
さっきより「確実に」進んでいる。
 
 
これって本当、人生みたいだ。
 
 
自らが歩みを止めるという
選択をしなければ、
 
 
「今ここ」に集中して
 淡々と歩き続けたら
 
 
確実に目的地は、
自分に近づいてくるのだ。
 
 
私は途中から上を見るのをやめて
今、ここ。今の自分の足元だけに
集中することにした。
 
何も考えず、
一歩一歩。とにかく進む。
それだけに集中した。
 
 
気がついたら文字通り命がけだった
鎖フェーズが終わった。
 
 
あとは勢いだ!
 
 
言うてもその頃には
もうだいぶ登ることには
飽きてたのでw
 
私は大音量で音楽をかけて
歌いながら頂上を目指すことにした。
 
(みんな自分のペースで登るから
 周りに人もいなかったんだよねw)
 
音楽が力になって、
さっきまでの苦しみが嘘みたいに
私の足取りはどんどん軽くなっていった。
 
 
頂上には、先についた
仲間の姿が見える!!
 
あと少しだ!!
 
と逸る気持ちをおさえながら
確実に前へと進む。
 
 
そっからはあっという間に 
ウルル登頂、成功〜!!!!!!! 
 
 
本当に言葉にできない
達成感を実感することができた!
 
 
デンマークの幼稚園で
先生が言っていた
 
人生で大切なことはすべて
自然が教えてくれる。
 
ってこういうことか〜と。
なんかまた、自分が強くなれた気がした。
 
そして、
みんなが一緒だったから登れたと
心から思う。
 
ウルルは10月26日、閉山する。
 
もう一生登れないけど
登れたとしても一生登らないw
 
ってみんなで笑いあった思い出が
消えることはないだろう。
 
ありがとうウルルー♡
ありがとうちはさんー♡
 
そして旅の仲間の皆さま!!
本当に全てに感謝です!!
 
 
 
これから登る人!!
 
虫除けネット付きの防止は必須だぞ!!w