NO TRIP NO LIFE!!

COSMAMIC SPACE INC.代表 趣味で宇宙人をコレクションしています☻♡「私宇宙人です!」という方は迷わずこちらから連絡ください ♡ ⇒ LINE@:@maminet

宇宙人友達・星野 ワタル☻♡

f:id:echigohimechan:20180714221738j:image

今回は私のタイムラインでは
すっかりおなじみ、星野ワタルです♡
 
彼女との出逢いは
約2年前くらいになるかな?
 
ほぼ家から出てこないという
習性を持つため
ツチノコ並みに見つけるのが
大変ともっぱらの噂だった
ワタル氏とのこの出逢いも
まさに奇跡w
 
まさかこんな仲良くなれるとは
その当時は思ってもみなかった。
 
初対面の時も私超空気読んで
ほんと軽く挨拶するだけで
そこまで絡まずw
 
その1ヶ月後くらいに彼女から、
ごはんでもってお誘いいただいて、
初デートして♡♡♡
 
そこから一気に仲良くなって、
いつの間にやら
一緒に旅やらお仕事までするようになって
 
気がつけば、
唯一無二の存在になったw
 
なんていうか、
彼女は私のアクティベート担当だと思う。
 
彼女の能力はもう一言では
言い表せない。
だって人間じゃないもんw
ガチでクリスタルが人間のカタチしてる。
 
この世界の叡智が命持ってる。
そんな感じ。
 
彼女が気まぐれで提供している
クリスタルヒーリングは、
エネルギーの外科手術みたいなもの☻
 
眠ってた本当の自分の
エネルギーを呼び起こす。
 
本人曰く、上の指示に従うだけで
自分はなんの意図もせずに
施術するとのことですが。
 
私は2回受けたことあるけど
(必要なタイミングで
 本人が受けたいって思うらしい)
 
1回目は私の本来の
ベースの覚醒を促された。
 
私は子供の頃からもともと
ちょっとおかしかったんだけどw
ずっとこの地球に適応するために
 
かなり自分を枠に押し込めて
”いい子ちゃん”として生きてたことに
がっつり気付かされて
月星座の水瓶をアクティベートされた。
(一言で言うと超自由w)
 
そのあと受けた占星術講座でも
私の月の水瓶が、
「思い出してくれてマジありがとう!!」
って具合にめっちゃスパークw
 
おかげでできないことがすごい増えたけどw
それらは結局”人のために”
無理してやってたことだった。
 
そこを一気に手放したら
ずっとずっと生きやすくなった☻♡
 
2回目はかなり根深いテーマ、
女性性の解放。だった。
 
私は長いこと自分の女性性を
受け入れられなくて
そのせいでいろんなことやものを
受け取ることができなかったんだけど・・・
 
2回目のクリスタルヒーリングと
2回目の占星術講座で
 
そこもようやく受容できてきてる。
 
あと一緒に行った
ロンドンもかなり影響してるかなー
 
長いことずっと持ち続けてきた
 
人の役にたたない自分は価値がない。
人から何かをしてもらったら
それ以上の価値を返さなければならない。
人に迷惑をかけてはならない。
 
このあたりをね、
一気に受容できつつあります。
彼女なくして私は、ここまで
自分と向き合えなかっただろうと思います。
 
自分のスペックを知り
そのスペックの取扱方法を知り
実際にそれをこの世界で、愛から使っていく。
 
これは、ひとりでやろうと思っても
なかなか厳しい。。。
時に痛いし、苦しいし、
見たくなかったり、
受け入れたくないこともいっぱいあるから。
 
彼女は、「救わなくてはいけない人はいない」
と、その人を心から信頼して、
その人に必要な言葉や方法を
最適なタイミングでただ、渡してくれます。
 
必要以上に一切干渉しない。
それが時に、すごくドライに感じる人も
もしかしたらいるかもしれないけど、
その理由はただひたすら、心底
相手を信頼しているからなのです。
 
そんな彼女は今、京都で瞑想合宿中w
音信不通で私は正直ちょっとさみしいですが
きっと至福の時を楽しんでると思うので、
それはそれで嬉しい。
 
常に自分の♡に誠実に、
まっすぐ生きる彼女は私にとって、
とてもまぶしい存在です。
 
マジで私友達に恵まれてるー!!
しかも超愛されてる♡www←これはただの自慢www
 
話がそれましたが
彼女がこの世界に生み出すコンテンツは
本当に美しく洗練された
クオリティがハンパないものばかり!!
 
星野ワタルの後半のスケジュール♡

www.facebook.com

こちらから確認できるので、
マジで奇跡を体感してくださいませ♡
 
初心者の方にオススメなのは
やっぱり占星術講座かな!!
受けたらわかる!超神プログラムなので是非!!
 
星野ワタルと行く♡
デンマークツアーもまだまだ募集中!!
マジでこれは贅沢な学びしかないので
絶対来てほしいー!!
 
こちらチェックしてくださいねー♡
 
Photo by Yoko miyazaki