NO TRIP NO LIFE!!

趣味で宇宙人をコレクションしています☻♡「私宇宙人です!」という方は迷わずこちらから連絡ください ♡ ⇒ LINE@:@maminet

出国のススメ☻♡

f:id:echigohimechan:20171101182415j:image 

先月久しぶりに海外に出た。
気づけば去年の11月のタイ以来、
約1年ぶりくらいだった。
 
国内移動はそこそこしていたので
旅行はしょっちゅうしてるつもりでいたけど。
 
やっぱり、日本は日本なんだ。
自分の国なんだ。
使う言語も社会のシステムも、
どこへ移動したって基本的には変わらない。
 
”刺激”という意味では限りなく
乏しいということが
今回の旅ですごーく身に染みた。
 
特に今回は私にとって
初の北欧&スタディツアーという
その国の文化や思想、未来へのビジョンなどを
現地で識者の方々から学ぶというものだったので
 
私の脳みそが受けた刺激は計り知れない。
 
日本の外の世界を
きちんと現地で、自分の目で見ること、
五感で感じること、日本との違いに触れること。
 
そういったことがどれほど自分の人生に
影響を与えるか、ひいては自分を通して
日本や社会、地球に影響を与えることか。
 
「この感覚を、もっと多くの人に体感してほしい。」
と帰国中の飛行機の中で、心底思った。
 
この地球において、日本は小さな小さな島国だ。
その小さな島に、世界でも相当数の人口が集まっていて、
海外からも多くの人が集まる。
(そして今後この割合は劇的に増えると予想されている)
 
それはなぜか?
考えたことはあるだろうか?
 
海外に行くと、日本では禁止されていることがOKで
逆に日本でOKのことが
海外でNGだったりすることがある。
その違いはなんだろう?
 
ちょっと地元スーパーに行っただけで、
レジのシステムから買い物かごから
入り口のゲートから・・・
そして何より売っている食材や値段、サイズなども
日本のそれとはまるで違っていたりする。
 
様々な国の人たちが創ってきた
様々な文化に触れることは
私の脳みそをかなりダイレクトに刺激する。
 
そして同時に日本を外側から
俯瞰することもできるのである。
 
《自分の国、日本を海外から見ること。》
 
これは本当にリアルで
国外に出なくてはできないことだ。
ただそれによって、
 
嫌でも私たちは”多様性”を
ダイレクトに体感することとなる。
 
自分と人とは違う人間であることを知り、
自分と人とは同じ人間であることを知る。
 
日本にいる限り、
なかなかそこをリアルに感じることはできない。
変わり映えしない日常では感覚は鈍るばかりだ。
 
毎日同じルートで同じ場所へ。
同じ時間に同じ顔ぶれで同じ仕事を繰り返す。
日本という国で日本の文化に囲まれて
充てがわれた社会システムになんの疑問も持たず、
なんとなくそういうもんだ。と生きる。
 
日本の当たり前しか知らないということは
世界や地球どころか日本のことすら
知らないということとイコールであり、また
自分の頭で考えることを
無意識に放棄してしまっているのでは。
 
 
そんなことを改めて感じた旅だった。
 
 
私は、日本以外の国を訪れ、
日本とは違う文化に触れて、
世界中の人と交流する日本人が増えれば増えるほど、
日本は絶対、今よりもっと
生きやすい国になるという確信がある。
 
日本の(特に国内での)他者との”違い”を
認められない文化は、
国土が狭いことが原因なのではなく、
国民ひとりひとりの視野の狭さが原因だと思うからだ。
 
日本人のパスポート所有率はたったの24%。
先人がこれまで世界と築いてくれた信頼のおかげで、
ビザなしで入れる国の多さは世界でもトップクラスの
魔法のパスポートを持つことが許されている私たち日本人。
 
その権限を、約80%の人は利用することなく
日本しか知らないまま、亡くなっていく。
 
世界はこんなにも広くて、
世界はこんなにも狭いのに。
 
ネットが普及し、国境という枠が
バーチャルで曖昧になってきているからこそ、
リアル世界で自分の全部を使って体感すること。
それが持つ意味は計り知れない。
 
言葉が通じないのがこわいとか
スリとかひったくりこわいとか
 
よくも悪くも日本の感覚に
慣れきっているというだけで
日本の治安も、昔ほどよくはないのが現実だ。
いつまで昭和感覚を引きずっているのだろう。
もう来年には平成も終わる。
 
「こわいから動かない。」
 
これは旅に関わらず、
すべての機会損失に通じる思考行動パターンだ。
 
いつも言っているけど、
「ちょっとこわい。」
のその先に行くことでしか、
人は自分の枠を拡げることはできない。
 
”ちょっとこわい”のその先に、
いつだって新しい世界が拡がっているのだ。
 
とにかく一度でいいから、日本を出てみよう。
あなたが一番興味のある国はどこ?
 
お金、時間やその他もろもろのことは
とりあえず後回しにして、
今すぐその旅を手配してみてほしい。
 
それだけで
”ちょっとこわい”のその先に、
いつだって新しい世界が拡がっている。”
という言葉の意味がストンと自分に落とし込まれる、
そんな体験をする人がいっぱいいると思う。
 
初めての海外旅行は、
手配からすでに、未知の世界へ踏み込むことができるだろう。
 
どうしても怖くて動けないなら、
最初は旅慣れしている人と行ってもいい。
旅行会社のツアーで参加してみるでもいい。
 
あと、心の準備にオススメなのは、
”海外映画を見まくること”。
そしてイメージの中で
自分をその世界に溶け込ませてみること。
 
脳みそをだます。それだけでも
かなり怖さは軽減されるはず☻♡
 
はっきり言うが、
母親のお腹の中で自分という個体が存在してから、
私たちは常にリスクにさらされている。
 
海外旅行によってリスクが増えるというのは
ただの、「思いこみ」だ。
むしろ、海外に一度も出たことがない人のほうが
リスクをとっていないつもりでいて
より大きな”無知”というリスクを自ら負っている。
(まじで)
 
それでも日本から出ないという選択をするのも
もちろんOK!!
 
そんなあなたには・・・
 
オール日本語!!(言葉問題クリア)
旅費も限りなくかからず、(お金問題クリア)
日程も1日だけ!!(期間問題クリア)
 
動けない3大問題をオールクリアしつつ
北欧デンマークのリアルを知ることができる!!
 
”デンマーク視察シェア会”を
12月23日に開催します☻♡
 
シェアメンバーも錚々たるメンツです!
あなたが世界を知るきっかけになる
イベントになること間違いなし!!
 
詳細は追ってご連絡いたしますので
楽しみにお待ちくださいね!!
 
LINE@にご登録いただくと確実に
情報が受け取れます☻♡

こちらよりどうぞ!!