NO TRIP NO LIFE!!

自分の”好き”を生きよう♡「人生は思い通りにしかならない!」をリアルに絶賛体現中☻♡

長岡花火について思うこと♡

新潟に住んでいた時は
毎年行っていた長岡花火。
 
打ち上げの度に
鳥肌がたつレベルの花火なので、(←マジで)
一度見たらやみつきになっちゃう
唯一の花火大会です☻♡
 
新幹線の駅もあるため、
いつも全国各地から
お客様がいっぱい集まります♡
 
年に1度、この2日間は田舎町に
すごい人数の人が集結するんですね☻
 
今回LINEニュースで”マナーが素晴らしい!”と
取り上げられていますが、私はいつも、
その裏に、かなりの戦略家というか・・・
 
めっちゃ頭を使っているであろう人の
存在を感じずにはいられませんw
 
 
今回話題になった”ごみ”に関しては、
かなり至る所に大きくて、
《キレイな》←これ心理的にかなり重要!!
そして目立つ!!ごみ収集場が必ずあります。
 
ごみの収集場にはもちろん、
会場の至るところにかなりの数の
ボランティアスタッフさん
(若い方からご年配のかたまで!)
がいらっしゃいますし、
 
駅からの誘導に関しては、
JRや各種交通機関との連携はもちろん
細部に渡っていろいろなシミュレーションを重ね、
毎年少しずつバージョンアップしてるというか。
 
”その年の反省点を次の年に活かす”という
心意気を感じるというか・・・
そういう工夫を感じ、行く度に頭が下がるのです。
 
 
なんていうのかな。
 
《長岡がまず、かなり強力な一丸となる。》
 
その力強い何かに、みんなが気づくと
しっかり巻き込まれていて、
 
純粋に、素晴らしい花火を
楽しむことができている。
 
そういうイメージ。 
 
花火師さん、長岡市、
警察・消防・救急の方、
各種交通機関、各種お店、警備員さん、
ボランティアスタッフの方、協賛者の方、
長岡にお住まいの皆さま、
 
そして、観客のみなさま。
 
たぶんまだまだいっぱい
関係してると思いますが、
 
何が言いたいかと言うと、
 
《みんなのあったかい心で、
 あの花火大会はつくられている。》
 
ということです。
 
だからこそ、
お客様をさらに魅了させることが
できるんだろうなと。 
 
花火にはもちろんですが、私は行く度
そこにも感動し、心が震えていますwww
 
まさに、日本が誇れる花火大会です。
 
ぜひ皆さま、一度ご自身の目で
確かめてください♡
本当に心があったかくなります☻
 
私も基本的に人が多い場所は苦手ですが
長岡花火は大丈夫☻
 
毎年、感動をありがとうございます♡

 

news.line.me